ハロウィンの集客用のディスプレイとラッピング用品を揃える

   

ハロウィンは西洋の収穫を祝うお祭りと悪霊を追い払うための儀式が一緒になったキリスト教の行事です。子供達が悪霊に仮装して街を練り歩き、近所の人からお菓子をもらうことが行われていました。
日本では近年になって根付いてきたお祭りで、どちらかと言うと仮装行列を楽しむイベントとして広く行われてきていて、本来の行事からかけ離れた内容になっています。しかし、老若男女の世代や性別を問わずに楽しめるため、多くの方に親しまれています。
10月中旬くらいからお祭りを意識した商品が多くなります。仮装用の衣装や小物、カボチャのランタンや、ドラキュラやゾンビなどのお化けや、魔女と黒猫などを模した飾りやミニチュアの人形などが販売されることがありますし、カボチャを使った料理なども増えてきます。商業施設なども集客効果を考えて相応しいディスプレイで飾ったり、ギフト用のラッピング用品を用意したりする必要があるでしょう。

店内の装飾用品はどちらで揃えるか

ハロウィンのディスプレイに必要な装飾用品は、店舗用の販促品のグッズを販売している店舗やサイトで、大量に必要な場合でもお得な金額で購入できます。タペストリー状の物であれば、看板やのぼりの印刷をしている会社にも対応できることがあるでしょう。
この行事に付きものと言えば、やはりカボチャのランタンです。カボチャのディスプレイは丸い形状から、紙風船のように膨らませて飾れます。中は空洞で軽く、天井から吊すことも可能です。使わない時は折り畳んで保管することも可能です。飲食店などで集客効果を考えてパーティーのような雰囲気を醸し出したいのであれば、可愛くデフォルメしたお化けや魔女などのイラストが描かれている三角フラッグを吊したり、バケツやミニチュアなどをちょっとしたスペースに飾ると雰囲気が出ます。
タペストリーを壁に飾ることもできますが、スペースが十分でない場合は窓に絵柄や文字の付いたステッカーを貼って集客をすることも可能です。入り口に小さめののぼりを立ててもいいでしょう。

ラッピング用のアイテムを揃えるには

ハロウィンにはお菓子などのささやかな物を配ったり、持ち寄ったりすることがあるので、ギフトに使うのにラッピング用品も求められることがあります。包装商材を扱う卸売店で購入してもいいですし、自社の社名を入れたい場合は販促品の製作メーカーの直販サイトを利用するのもおすすめです。
配布用のお菓子の場合は、人数ずつに小分けした焼き菓子を入れるように依頼されることもあります。小分け用のビニールや巾着型の袋、シールやリボン、口を留めるワイヤータイなどが必要になります。どれもカボチャやお化けのイラストが描かれていたり、チャームのようなパーツが付けられていることが多く、雰囲気作りに役立てられます。
社名の名入れをする場合はごく短い期間の行事ですので、あまり数を要しないことがあるでしょう。小ロットから印刷に対応できる会社を選ぶのがおすすめです。製版をしないためにコストがかからずに作れることと、納期が比較的短いのが特徴です。自社オリジナルのイラストを入稿する場合には日数を要する可能性が高いので、余裕を持って頼むようにする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

LEDライトを使ってハロウィンの集客UP

日本にはいくつかの国民的なイベントがありますが、最近ではハロウィンもその一つと言えるでしょう。カボチャをモチーフとしたこのイベントに積極的に参加する事で、お店の集客をアップさせることができる可能性もあ...

集客に効果あり!ハロウィンの仮装グッズ

ハロウィンは元々は日本にはない文化でありイベントでしたが、昨今では東京の渋谷などに代表されるように若者がこぞって仮装グッズを使用して街を歩く様子が報道されております。若い世代の感覚としては海外からきた...