LEDライトを使ってハロウィンの集客UP

   

日本にはいくつかの国民的なイベントがありますが、最近ではハロウィンもその一つと言えるでしょう。カボチャをモチーフとしたこのイベントに積極的に参加する事で、お店の集客をアップさせることができる可能性もあります。商品をカボチャをモチーフをしたものを選んで販売したり、店舗自体をこのイベントにあった雰囲気にディスプレイするなどの工夫をすることで人目を引き、お客さんを呼び込むといったこともできるでしょう。店舗のディスプレイの方法にはいろいろありますが、モチーフがはっきりとしているためこのイベントを目的としているオブジェやLEDライトを活用すると簡単です。そのようなアイテムを集めて上手に活用することで、お客の目にとまるの雰囲気づくりをすることが可能となります。

カボチャをモチーフとしたアイテムとは

ハロウィンは、子どもたちが「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらうことや、仮装をして楽しむといったことが有名です。このイベントになぞらえて集客をはかるための店舗のディスプレイにはさまざまな方法が考えられます。本来の店舗や販売されているもの、雰囲気を壊すことのないようにしながら、イベント感を持たせることが大切となります。このイベントはポップな雰囲気を基調とするか、少し暗めの雰囲気を作るかなどの選択ができます。その選択にあわせてお店に合ったイメージでオブジェなどの装飾品を集めることや、LEDライトの色や光の強さなどを選ぶといった形となります。さまざまなアイテムを組み合わせることでお客様にイベントの雰囲気を楽しんでもらう工夫をすることが可能となるでしょう。

イベントを盛り上げるためのオブジェを購入する

店舗をハロウィン様式に飾るためには、イベントのために作られたアイテムが必要となります。いままでイベントのためのディスプレイをしたことがない場合には、まずオブジェやLEDライトといったアイテムを購入する必要があるでしょう。方法としては、このようなアイテムを購入できるショップはいくつかありますし、インターネットを利用して通信販売で購入することも可能となります。店舗のディスプレイや販促用品などを専門に取り扱っているショップの場合には季節感のある商品が販売されている場合も多いです。カボチャをモチーフにしたオブジェや装飾品も取り扱っている可能性が高いでしょう。またいろいろなお店で購入するよりもひとつの所でまとめて購入した方が、全体に統一感が出せるためよいと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

LEDライトを使ってハロウィンの集客UP

日本にはいくつかの国民的なイベントがありますが、最近ではハロウィンもその一つと言えるでしょう。カボチャをモチーフとしたこのイベントに積極的に参加する事で、お店の集客をアップさせることができる可能性もあ...

集客に効果あり!ハロウィンの仮装グッズ

ハロウィンは元々は日本にはない文化でありイベントでしたが、昨今では東京の渋谷などに代表されるように若者がこぞって仮装グッズを使用して街を歩く様子が報道されております。若い世代の感覚としては海外からきた...