ハロウィンで集客力を上げ、フォトスポットにして宣伝しよう

   

数年前まではハロウィンなどはただの外国のイベントとして考えていた人も多かったのですが、最近では日本でも定着し始めて、節分や七夕・バレンタインなどと並ぶイベントにまでなっています。ここまでハロウィンが認知されているのは、大手企業が売り上げを伸ばしたいために戦略的にこのイベントを利用したためで、多くの企業の10月や11月の収益アップにつながっています。またお店を利用してくれたお客がSNSでお店の写真をアップしてくれるので、たくさんの人がフォトスポットとして、お店の宣伝効果や売り上げのアップや集客のアップにつながっていきます。今回はこうしたイベントを利用することで得られるメリットについて詳しく紹介します。

集客力を上げるための工夫の仕方

多くの人に利用してもらうためには、イベントに関連する何かインパクトのあるものを提供する必要があります。例えば、飲食店などの場合は、イベント限定のメニューを作成したり当日限定の割引などを行えば、消費者に興味を与えることができ多くの人に利用してもらえ売り上げを上げることができます。また、スーパーやショッピングモールの場合は、イベントに関連のしたグッズに販売やハロウィンの雰囲気が出ているCMや広告をすることによって、利用客を増やすことができます。そのほかにもホームパーティーを開く人用の衣装や食べ物などの品揃えを増やすことも効果的です。イベントの対策をしっかりと行えば多くの人に利用してもらえるし、評判がよければリピーターなども増えるので一石二鳥です。

フォトスポットになることで人を集めることもできる

イベントをうまく利用すれば、お店などをフォトスポットにすることができます。利用客が物珍しさに写真を撮りそれをSNSなどにアップすれば、多くの人の目に留まってさらなる利用客を呼び寄せることができます。またSNSには拡散機能が付いているので友達の友達などにもその情報が行き渡り、最終的には全く知らない人にまでお店のイベント情報を届けてくれます。そうすることができればお店が広告する費用の削減にもなり、安い金額で自分のお店のことを知ってもらうことができます。広告費というのは年間的に見てみると、支出の大きな部分を占めているので、この部分を削減することができれば、余ったお金などをほかことに回すことができ、より良いサービスを作り出すための資金に充てることも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

LEDライトを使ってハロウィンの集客UP

日本にはいくつかの国民的なイベントがありますが、最近ではハロウィンもその一つと言えるでしょう。カボチャをモチーフとしたこのイベントに積極的に参加する事で、お店の集客をアップさせることができる可能性もあ...

集客に効果あり!ハロウィンの仮装グッズ

ハロウィンは元々は日本にはない文化でありイベントでしたが、昨今では東京の渋谷などに代表されるように若者がこぞって仮装グッズを使用して街を歩く様子が報道されております。若い世代の感覚としては海外からきた...